言語学者 アイヌ語研究 金田一京助

年譜

金田一京助の略歴

エピソード

実は辞書の編纂をしたことがない など意外なエピソードから現代にも通じる金田一の言語観まで

親友・石川啄木
アイヌ学を志したきっかけ
フィールドワークの先駆者
辞書の編纂は実は…
あの名探偵の由来は…
ユーカラ紆余曲折
アイヌを愛した国語学者…?

金田一京助と石川啄木

親友・石川啄木とのエピソード

出会い
上京
啄木の作家活動と生活
金田一京助の献身
石川啄木の夭逝

金田一京助の家族

方言の研究で有名な金田一春彦、テレビやゲームでおなじみの金田一秀穂……言語学者一家としての金田一家

金田一家の一族

金田一京助とアイヌ

生涯をささげたアイヌ研究について

アイヌ研究

名言

金田一京助がわかる名言集

名言

エピソード

親友・石川啄木

日本近代文学館蔵

歌人・石川啄木は、明治三十二年、京助十七歳・啄木十四歳で出会って以来の親友。

岩手県立盛岡中学校(現・盛岡第一高等学校)に啄木が入学した時に出会った。

金をよく貸したことでも有名。家財や妻の着物を質に入れてまで金を貸していたので、金田一の息子・春彦は石川を石川五右衛門の子孫か何かだと考えていたと当時を回想している。

ちなみに啄木の借金の原因は娼妓と遊ぶ浅草通いの遊興費であると息子春彦は語っている。

写真は日本近代文学館蔵の物

詳しくは当サイトのコンテンツを参照して下さい

出会い

岩手を代表する文学者二人の出会い

上京

石川啄木・放浪の果てに文学を志す

啄木の作家活動と生活

言語学者として踏み出した金田一

金田一京助の献身

無一文になった啄木と金田一とビール

石川啄木の夭逝

早すぎる最期