言語学者 アイヌ語研究 金田一京助

年譜

金田一京助の略歴

エピソード

実は辞書の編纂をしたことがない など意外なエピソードから現代にも通じる金田一の言語観まで

親友・石川啄木
アイヌ学を志したきっかけ
フィールドワークの先駆者
辞書の編纂は実は…
あの名探偵の由来は…
ユーカラ紆余曲折
アイヌを愛した国語学者…?

金田一京助と石川啄木

親友・石川啄木とのエピソード

出会い
上京
啄木の作家活動と生活
金田一京助の献身
石川啄木の夭逝

金田一京助の家族

方言の研究で有名な金田一春彦、テレビやゲームでおなじみの金田一秀穂……言語学者一家としての金田一家

金田一家の一族

金田一京助とアイヌ

生涯をささげたアイヌ研究について

アイヌ研究

名言

金田一京助がわかる名言集

名言

経歴

1882年 明治15年 旅館主・金田一久米之助の長男として生まれる

先祖は陸奥の武家南部氏の祖南部光行の第四子の四戸氏。

十一人兄弟の長男。

1888年 明治21年 盛岡第一尋常小学校(現・仁王小学校)入学
1892年 明治25年 盛岡高等小学校(現・下橋中学校)入学
1896年 明治29年 岩手県立盛岡中学校(現・盛岡第一高等学校)入学

金田一三年次に石川啄木と出会う。

1901年 明治34年 第二高等学校(現・東北大学)入学
1904年 明治37年 東京帝国大学文科言語学科入学

この年は日露戦争がはじまった年でもある

この年にこの学科に入学した学生は金田一一人だった

1907年 明治40年 東京帝国大学文科大学言語学科卒業
1913年 大正2年 息子・春彦誕生

当時京助は三省堂百科事典の校正係の職を失って無収入だった

1922年 大正11年 國學院大學教授、のち名誉教授
1926年 大正15年 大正大学専任講師(〜1940年)
1928年 昭和3年 東京帝国大学助教授
1932年 昭和7年 ユーカラの研究で帝国学士院賞受賞
1935年 昭和10年 文学博士号取得
1941年 昭和16年 東京帝国大学教授(〜1943年)
1948年 昭和23年 日本学士院会員
1954年 昭和29年 文化勲章受章
1959年 昭和34年 盛岡市名誉市民第一号の称号を贈られる。2009年時点で唯一の盛岡市名誉市民。
1971年 昭和46年 八十九歳にて死去。叙従三位勲一等授瑞宝章(戦前に受けていた従四位勲四等からの没時追陞)。